スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1y4m

クリスマス

クリスマスまであと1ヶ月を切りましたね^^ とかワイドショーで言ってました 笑
何の予定もないけど 笑 この季節とってもワクワクして好きです。


我が家のクリスマスツリーはこんなの。(小っちゃ)
クリスマス2
何年か前にフランフランで買ったもの。
大きいツリーへの憧れはありますが、狭いお家と今の2人の状況を考えこれがBESTです☆アハ。


さてさて・・・。
我が家の坊ちゃま達、昨日で1歳と4ヶ月(修正月齢:1歳3ヶ月)になりました。

「まだ歩きませんケド…。何か!?(笑)」

2人

相変わらずマイペースなようです。
シュンは最近1人で立つこともできるようになってきたので今年中には歩くかなぁ。。。といったところ。
レンはまだまだ先になりそうですが、日々確実に成長しているし体のこともあるのでゆっくりで構いませぬ。
しかし最近シュンのハイハイは高速になってきてその様子がとても微笑ましくて。
あのプリプリっとしたお尻がまたかわいくて好きなのです(。→ˇ艸←)
そのうち歩くだろうからもう少しハイハイを楽しませてもらいまぷ♪

2人の様子にも少しずつ変化が出てきて面白いです。
仲良しな様子は全く見せなかった2人ですが、最近お互い顔を合わせて笑い合ったりしているのです。
「OH!これはまさに私が求めていた光景ではないですか-!」2人の絡み♪
とても面白いのでこっそり眺めているのがマイブーム。気づかれると止めてしまうので…。
最近、2人共同じことをしたがるし、シュンはいつもレンのところに寄っていこうとします。
こうして2人で遊んでくれるとやっぱ双子っていいわね。ムフフ。

歯も上2本、下2本、追加でコンニチハしてきました。
シュン:計12本。  レン:計10本ナリ。
そのせいかますますいろんなものが食べられるようになり、先日の外食でもメニューの中から食べられそうなものをチョイスして食べさせました。
こんなことができるようになったのだからほんと少しずつ楽になってきているのダワ。


++++++++++

哺乳瓶

2人は1歳になった頃、もうミルクは卒業しました。というか知らない間にいらなくなってました。
その記事を書き留めるのを忘れていたのでここで書いておこうかと…。

2人が産まれ、初めて2人にしてあげられることは授乳。おっぱいをあげることでした。

おっぱいは意外にもよく出たので最初は多少ミルクも足しましたが、シュンはすぐ完母に。
レンは小さく産まれたこともあり練習しても練習してもなかなか上手におっぱいを直接飲むことができず…それでも母乳をあげたかったので私は毎日、搾乳をしてそれをミルクと混合で哺乳瓶から飲ませていました。
おっぱいの出には問題は無かったようなのですが、双子育児のハードさからそのうち私の身体はもうボロボロになり精神に来てしまいました。(身体も気持ちも自分ではない感覚。というか抜け殻状態…)
真剣に「ヤバイ」と感じたので自ら心療内科を受診。産後のホルモンの関係でうつ状態に陥っているとの診断でした。しかし母乳をあげていることでそれに適合する薬を飲む訳にもいかず毎週カウンセリングをしてもらっていました。たしかにそれを受けるとすごく楽になれるのですがやはり波はあってカウンセリングだけではうつ症状はまた現れるのです…。「このままでは2人を育てられないっ!」
そこで「母乳をあげたい!」という未練を残したまま、5ヶ月に入る前に思い切ってミルクに切り替え、病院の薬を飲むことにしたのです。(薬といっても風邪薬を飲むくらいの軽いものらしい…)
薬は1ヶ月くらい飲み続け…
それからは私の身体もみるみる楽になり~今に至っているのですが^^
もうその時はほんと辛かったぁ。母乳育児を叫ばれる世の中だからミルクで育てることに罪悪感を感じたり・・・。いっぱい泣いてうじうじして(なにせその頃涙もろくて…)今思えばその選択をしたことに最初は自信が持てなかったのだろうなぁ。

でも結果、その選択でよかったと今は思えます。1人にならできることも双子だと無理なこともあるし、1人でも2人でもその人に合った育児法で良いのだと!正解なんてないのだから。
シュンを寝かせる時、おっぱいは武器になってたからこれをやめたら寝なくならないだろうか!とか不安もあったけど、ミルクになってからはもう夜8時~朝6時頃までぶっ通しでしっかり寝てくれるし(因みに今は夜8時~朝7時まで寝てくれます)誰かにあげてもらうこともできたし良い点もいっぱいありました。

私がうじうじしていた頃、いつもお世話になっていた助産師さんに「子供にしてあげらることは他にもいっぱいあるんやから」と言われて救われた自分がいました。

“授乳”にはこんなに深い思い出があって…そろそろ哺乳瓶や消毒用のケースなども片付けようと思うので今更ですが(今だから)書いてみました。


ありがとう。おっぱい&ミルクさん



ポチッとよろしくね^_-
にほんブログ村 子育てブログ 双子へにほんブログ村 ライフスタイルブログへ


Trackback

Trackback URL
http://renshun.blog45.fc2.com/tb.php/134-0440905f

Comment

りえ | URL | 2008.11.27 11:24
おはよー。
レン&シュン君も、すごい活発になったよねー。
うちのわくとももうすぐ一歳三ヶ月になるけど、最近は怒られると寝たふりをします。

おっぱいというかその時期、そんなに大変やったんやねー。
うち、れいたは完全ミルクやったけど、「おっぱいが一番」的なこと言う人もいるし、やっぱりなんか引け目に感じてたわ。
わくとは完全母乳やけど、体がやっぱきついのよね。
一人でもしんどいのに、双子育児でおっぱいは無謀やで(笑)。

おっぱいでもミルクでも、お母さんが抱っこしてあげてんねんから、それでいいよね!!
お母さんが元気なのが一番。
MAYU | URL | 2008.11.27 18:47 | Edit
1歳と4ヶ月おめでとうございます。ずっ~~っと前にコメントを残した事があります(笑)
我が家の双子も明日で1歳と3ヶ月。あっもちろん歩きませんが何か??(笑)ってやつです(笑)うちは今年中に歩くのかも??な状態のような気がしますが・・・
産後鬱を経験されたんですね~、私の友達も今は真っ最中。子供を育てる事もできなくなってしまいました。自分で病院に行く勇気があられた、yuccaさんえらかったと思います。母乳育児がすべてじゃないですものね。友達は2ヶ月、周りがほっといたばかりに、ひどい状態です。勇気ある選択をされた事、誇りに思ってくださいね。レン君もシュン君もちゃんと育ってるんですもの♪
これからもお互いに双子育児、楽しみましょうね♪もうひとつのブログも楽しく読ませていただいてます♪
シルフィ | URL | 2008.11.28 10:18 | Edit
私はそもそも母乳があまり出なくて、ほぼミルクで育てていました。
寒くなってきてから二人ともあまり水分を摂らなくなり、
フォローアップミルクも残すことが増えてきたし
マグやコップで飲めるようになったので、やっと最近
哺乳瓶を片付けました。今となっては哺乳瓶を両手で
抱えて寝転がってミルクを飲む姿が懐かしいです。

うちの子達、歯が生えるのが遅くてお兄ちゃんは
上下4本ずつ、弟は上4本、下2本しか生えていません(^_^;)
Kumapon | URL | 2008.11.28 10:32 | Edit
yuccaさん、こんにちは。

産後欝を経験されたんですね。
自分で病院に行ったことが早期治療につながったのではないでしょうか。
実は、私も産後欝になりかかったひとりです。
でも、産後欝なんて言葉すら知らなかったので、『ホルモンバランスが崩れているから』って思い込んでいて
なんとか暗いトンネルから抜け出そうと必死でした。

日本では、出産までのサポートはしっかりしているけれど、産後の、産婦さんのケアがまだまだ未熟なのだということを、後から本で読んで知りました。
産後欝のこともそのとき初めて知ったのですけど、びっくりでした。
じゃあ私もそうだったの!?って。

ただでさえ小さく産んだことに負い目のような物を感じてる中で、母乳神話や体重の増え方、寝かしつけ、同時泣き・・・
ストレスとプレッシャーで押しつぶされそうになっていたんでしょうねえ。

今じゃ多少のことでも、笑ってやり過ごせますけど(汗)

母乳神話って、嫌な言葉ですね。
母乳でもミルクでも、ママが笑顔で、子供たちがすくすく育っていればな~んにも問題ないのになあ。

もし今、母乳かミルクかで悩んでいるママさんがいたら、
だいじょぶよー!!って背中をポンと押してあげたいと思います。
★りえちゃんへ | URL | 2008.11.28 16:29 | Edit
りえちゃん、ハロー。
こっちは今日とってもお天気悪いよぉ。
大阪は?

そうそう。育児始まって最初の頃はもうほんといろいろ大変やったの・・・。ちょうど去年の今頃もまだまだ大変な最中やったかなぁ・・・。懐かしく思えるわ。

そっか。レイタくんはミルクやったんや!
私も知らない人とかにいろいろ聞かれた時に「おっぱいはもう止めたんです」て言ったりすると「なんで!」とか言われたりして「なんで!って言われても・・・」と結構ショックやったり、そうそう引け目に感じたりしてたわ。
母乳育児推進は良いことなんやろうけど、それでないといけないってことはないのにね。現に私、母親が仕事してたからミルクで育ったんやけど、年に1度風邪引くか引かんかくらい誰よりも健康やし(笑)

振り返るとどれもこれも良い思い出やけどね。
ほんとママが倒れたらそれが1番大変やな。
P.aurora | URL | 2008.11.28 16:43
yuccaさんご無沙汰しております。
実は先週双子の一人が初の発熱(突発でした)で、ようやく元の生活に落ち着いてきました。今のところもう一人にはうつっていないようで一安心です。初めての病気に私もどきどきでしたが、既にしっかりと自分の体を守る力をもっているわが子の姿を誇らしくも感じました。レン&シュン君は突発されましたか?

さて私は、出産直後にひどい落ち込み時期がありました。ずっと経過も良くもう一息というところで突然の破水→緊急帝王切開で小さな子供達を出産し、それはそれは自責の念でいっぱいになりましたし、泣いてばかりいました。しかも、追い討ちを掛けるようにとある助産師さん(ちょっとくせのある方だったのですが)から心無い言葉をかけられてしまい(同席していた家族は憤慨しさすがに抗議したそうです・・・苦笑)その後もしばらく泣いてばかりいました。でももちろんYUCCAさんの様に良くして下さったスタッフの方もいましたし、何より日々大きく成長していく子供達の姿に励まされて落ち着いていきました。とある話では双子のママは産後うつのリスクが高くなるそうですよ。2倍の育児の労力はもちろんのこと、妊娠中から産後もどちらかというと医学的なフォローばかりが中心になり、メンタル面までケアされる機会が少ないとか・・・。確かにわかる気がします。

母乳も思うところがいろいろありますよね。私は途中から混合になり、今も継続中ですが、軌道に乗るまでは母乳が詰まったり、傷になってしまったりとトラブルもあり、母乳に対して前向きな思いばかりを持つことが難しかった気がします。でも一番大切なのは子供達がおいしく飲んで、健やかに大きくなってくれることなんですものね♪ちなみにフランスママは体系の崩れや子供に束縛される感じを嫌いアンチ母乳派が多いという本を読みました。母乳神話もお国変わればまったく変わってくるものですよね。

ともあれ、今こうしてyuccaさんがお元気になっていることが何より大切なこと♪レン君、シュン君はyuccaさんがママで幸せですね♪
slo-mo-life | URL | 2008.11.28 19:10 | Edit
子供が育つ課程で、今まで必要だった物が不要になるとき…嬉しさと寂しさを覚えますね。なんだか不思議なんだけれど…。yuccaさん同様、私も産後は悲惨だったなあ。夜も眠る暇がないほどだったもんな。。。授乳を終えて、しっかり元の体重に戻りましたが、その頃は頬もげっそり、心もカサカサ^^;。そんな時期もあったけれど、今は「楽しい!」って言える幸せを実感しています。レンくん、シュンくんの成長、楽しみながら見守っておられるご様子のyuccaさん、素敵です^^。
★MAYUさんへ | URL | 2008.11.28 23:56 | Edit
MAYUさん、こんばんは。
コメントありがとうございます^^
覚えてますよぉ。以前も励ましの言葉を下さいましたよね。

産後鬱って恐ろしいですよね。私「鬱」なんて自分とは無関係のものだと思ってましたから。その時は辛かったですけど、自分がなって気づかされたものもたくさんありましたし「鬱」って誰にでも起こり得ることだということも分かり、良い経験をしたと思えます。

MAYUさんは母乳育児でがんばって来られたんですものね。凄いです。
母乳育児ができればきっとそれが1番いいのだと思います(お金もかからないしね 笑)
でも母乳に捕われて育児につまづいてしまうくらいなら、いろんな選択肢の中から自分と環境に合ったやり方を自信を持って選べるような世の中になって欲しいなぁって思います。

お友達、心配ですね。
病院には行かれてますか?早く良くなって欲しいですね!
★シルフィさんへ | URL | 2008.11.29 00:03 | Edit
シルフィさん、こんばんは☆

たしかにミルクでも良いこといっぱいありますよねっ^^
夜はガッツリ寝てくれますし。

私自身も子供の頃、母親が仕事をしていた関係でミルクで育ったんですけど、誰にも負けないくらい健康ですし^^

きっとその頃初めての育児に頭がパニックだったり母乳に捕われすぎてたのだろうと思います。
でも振り返れば貴重な思い出です。

★Kumaponさんへ | URL | 2008.11.29 00:23 | Edit
Kumaponさん、コンバンハ☆

Kumaponさんも産後鬱の一歩手前だったのですか-。
初めての育児が双子のママは同じような経験をしている人も多いようですね。

ほんとでも身体のホルモンバランスって恐ろしいですね。
私「鬱」とは無縁な人だと自分で思ってたので自分がそうなったことにも驚きでした。
でもその頃。ほんと暗いトンネルからなんとか早く抜け出したいと必死だったような気がします。自分の思いだけではどうしようもならない病気ですものね。
自分が「鬱」を経験して、誰にでも起こり得る病気だということ、ほんと隣合わせなんだということも知り、「鬱」と戦っている人の辛さも知ることができたような気がします。
「おかしい」と感じたら早めの受診が1番だと先生もおっしゃっていました。

Kumaponさんのおっしゃる産後のサポートが未熟だということ。心療内科の先生も同じことを言ってました。
産後そんなことが起きるだなんてそんな知識ありませんでしたから。産院でもそういう話も例としてしてくれたら少しは構えられたかもしれませんね。
キレイなベビーとの暮らしを描いてたマヌケな私はほんと育児が始まり、面食らい過ぎて「こんな生活もう嫌だー」って真剣に思ってましたよ。

母乳育児に捕われすぎるのもどうかと思いますよね。
勿論、母乳育児でいけたらそれは1番良いことなのでしょうけど(お金もかからないし 笑)おっぱいが思うように出なない人や、仕事をしてる人、それぞれ状況が違う訳ですから自分に合ったものをもっと自由に選択できるような世の中であって欲しいなって思います。
*anuenue* | URL | 2008.11.29 12:47
yuccaチャン、コンニチハー^^

いつもブログでレンクン、シュンクンの成長振りを拝見してるので
ホントに大きくなったなぁ。。なんて
親戚のオバちゃん状態よ(笑)

今回の記事、息子の同じ頃を思い出しながら読んだよ。
けどネ、あんまりよく覚えてないの^^;
もちろんどこかへ行ったとか、思い出はあるのよ。
けど、日々の生活はきっと精一杯だったのよネ。
ひとりでもこうなんだから、双子チャンならなおさらよー

それと、産後の状態や考え方が、当時のワタシとよく似てる!
だからワタシたち、こうして知り合ったのかも(笑)と思うほどよー
けど、息子ももうすぐ6歳。
大変だった時期が懐かしくさえ思えるなんて不思議☆

過ぎてしまうとホントは些細なコトだったり
なのに振り回されてしまうのも、育児なのかもネ。
けど、コレって、体験したヒトにしかわからない
すごい体験だと思わない?♪
だから母は強し、とか言われるのかもしれないネ~
一緒に頑張ろうネ\(~o~)/
★P.aurora さんへ | URL | 2008.11.30 00:09 | Edit
P.aurora さん、コンバンハ☆

息子ちゃん、突発になってしまったのですね。
我が家はシュンだけは突発を経験しました。驚くほどの高熱でどのくらいのしんどさかも分かってあげられず看病も大変ですよね。P.aurora さんもお疲れ様でした。突発は移るものではないらしいですよ。ただ双子は常に同じ環境で過ごしているから同じ時期になる事も多いそうです。

それから…
P.aurora さんも産後にお辛い経験をされていたのですね。
私もP.aurora さんと同じく、妊婦中はほんと順調に楽しく過ごし9ヵ月の半ばで入院し元々帝王切開の予定ではあったんですが、突然の破水→緊急帝王切開でしたよ。
産まれてみたらここまで体重差があるとは先生も驚くほどでした!もっと妊娠中安静にしていれば・・・とか後から思うこともいろいろありますけどきっと全て必然だと受け止めるようにしています。考えても仕方ないですものね。P.aurora さんもご自身を責めるなんて…そんな風に思わなくても大丈夫ですよ(今は思ってないと思いますけど・・・)

P.aurora さん、助産師さんに心無い一言をかけられたのですか!なんてヒドイ・・・。産後ってほんとメンタル的にもかなり不安定だし産院のスタッフの対応って大きいと私も思います。こんなところで言うのものなんですが私が出産したクリニックの方々、皆さんとても良い人ばかりで過ごしやすかったのですが(笑)1人だけどーしても苦手な看護士さんがいてその方の一言に傷ついた覚えがあります。どこにでも1人はいるものですね~。
現在、P.aurora さんがお元気でいらっしゃること。息子ちゃん達のパワーなんですね☆とってもよかったです^^

“産後うつ”の恐ろしさも知りました。双子ママはやっぱりなりやすいんですか。。(納得)
私もママの10~20%程度が産後鬱を経験するって聞いて、「私、その中に入っちゃったの-」って結構ショックでした。うつとは無縁の人間だと思っていたので・・・。でもそれを経験しいろいろ気づかされたこともあって結果的にはよかったというか、1つの経験になったと思えます。
産院ではメンタル面の産後のフォローって殆どしていないと思うので初産の人には特に必要だなぁって思いますね。

母乳も・・・。
母乳神話が原因で育児につまづいてしまう人がたくさんいる位なら、それだけに捕われずその人の環境や状況に合った選択をできるようなアドバイスをしてくれる人がいればいいのなになぁって勝手に思ってます。
フランスママはアンチ母乳か・・・。そんなお国もあるんですね^^
ママも健康で楽しく育児できるのが1番ですものね!

あぁ、超ロングになっちゃいました…。
★kokoさんへ | URL | 2008.11.30 00:19 | Edit
kokoさん、コンバンハ-☆
ほんとまさしく!kokoさんのおっしゃとおりダワ。
育児が始まった頃の頻回授乳・・・ほんとに苦痛に感じていたのを思い出します。たった1年前のことなのにもっと前のことのようです。でも終えてみるとなんだか懐かしく嬉しくもあり寂しくもあり。ですね。哺乳瓶を片付けるのももったいぶっている私です。
私もおっぱいだった頃はもうゲソゲソに痩せちゃって髪の毛も私ハゲるんちゃうやろか!(笑)と思うほど抜けて体中潤いがなくて・・・。でもようやくそれも元に戻りました。肌は乾燥気味ですけど^^
今は「楽しい!」って言える幸せ☆
う~ん、素敵ですっ。私も来年の今頃そう言っていられるといいなっ。
★*anuenue*ちゃんへ | URL | 2008.11.30 00:28 | Edit
*anuenue*ちゃん、こんばんは-☆

嬉しいコメントありがとう。
親戚のオバチャンって。ププッ。
オバチャンぢゃないよ!お姉さんだわよ^^

*anuenue*ちゃんもleleクンが小さい頃いろいろ大変な経験をされたんだね-。
覚えてない!ていうのも分かる気がするよ。
もう余裕なんてなくて目の前にあることをひたすらこなすだけって感じだものね。
振り返ればほんと些細なコトってのも分かるよ-。でもそん時は必死なんだよね。

でも*anuenue*ちゃんの今の暮らしぶりとっても素敵だし、そんな辛い経験も忘れちゃうくらいだね。
でもみんな山あり谷ありで成長してくんだと私も思ってるよ。
子育てって何よりも自分を成長させてくれる気がする。ってまだ1年くらいで偉そうなこと言えないケド・・・。アハハ。

先輩。これからも良きアドバイスを-(^_-)☆
いつもありがとう。
Comment Form
公開設定

profile

yucca

Author:yucca

いつもアハハと笑っていられるような幸せな毎日を☆

夫とわたし、愛する2歳の双子とのくらし



★2nd my blog★

最近の記事
thank you♪
最近のトラックバック
blog ranking 参加中です☆
にほんブログ村 子育てブログ 双子へにほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
  oneクリックお願いします^‐^
月別アーカイブ
カテゴリー
welcome♪
アクセスありがとうございます^^
my favorite blog ^-^
☆mail☆

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

lovely☆
















































































book













age
Lilypie Third Birthday tickers
*script by KT*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。